塗り替えリフォーム物語

<大垣市・西濃地域で屋根・外壁の塗り替えを考えている方 必見です!>
その塗り替えは何のため?
1:家を守る 2:きれいにする。 3:付加価値をつける。
  保護     美観        機能性

1:家を守る
家の健康を守り続けるためには、外壁の性能を維持し、中に水が入らないようにしておくことが大切です。いったん構造部分を傷めてしまうと、大きな補修費用が掛かってしまいます。そうなる前に外壁塗装リフォームをしておくのが、結局は経済的に家を維持する方法になるのです。

2:きれいにする
家の外観を美しく維持することも重要です。新築当時の美しさを蘇らせたり、色を変えてイメージチェンジをしたりすることで、大切な我が家に更なる愛着もわきます。

3:付加価値をつける。

TRYの塗り替えリフォーム
塗り替えイメージがよくわかる。

カラーコーディネート力がある。

工事内容や使用する塗料がよくわかる。

工事費用が項目別に明示されている。

当たり前のことをきちんとする。

TRYの屋根・外壁塗り替えにかける想い

窓をなじませること。窓を映えさせること。
外壁の塗り替えを単なるメンテナンスの一環と捉えるのではなく、色彩感覚に満ちた豊かで快適なライフスタイルの一環として塗装工事を捉え、住宅形状やライフスタイルにあった外壁塗装のカラーコーデイネートを行っています。
外壁塗装をご依頼いただいても、物理的に塗れないものがあります。 そのひとつが『窓』です。
ガラス屋出身の私たちは、その窓を『なじませる』もしくは『映えさせる』という2つの手段によって、新しい外壁色をコーデイネートします。
例えば「ゴールド」や「ブロンズ」色のサッシは、もともと木材色を意識して設定されているため、洋風なイメージを強調するより、和風のイメージ色をもつものを合わせて窓を外壁に【なじませる】というコーデイネートにします。「ブラック」や「ホワイト」色のサッシは、前者は重厚感のある住宅に使用され、後者はカジュアルな洋風住宅に多く使用されています。そこでこの2色については、明るめの外壁色に合わせて、アクセントカラーとして窓サッシの色を利用し、【映えさせる】コーデイネートをします。
私たちらしく、窓に少しこだわった外壁塗装の提案をさせていただきます。

塗装工事の際に行うカラーシュミレーションではお客様の外観に似合う色合い、お客様のお好みを反映させるコーデイネートをさせていただいています。
私たちは外壁塗装を単なる補修ではなく、その人らしさを表現するものとして考えています。

塗料にもさまざまな種類があります。
外壁塗装の塗料は、大きく「アクリル」「ウレタン」「シリコン」「フッ素」に分類されます。その他にも、最近では「ガイナ」というセラミック塗料など、高機能の塗料もあります。
耐久性に優れた塗料ほど価格も高くなりますが、ご予算や重視するポイントに合わせてお選びいただいています。それぞれの塗料の特徴、違いをしっかりご説明いたします。
高性能な塗料「ガイナ」は、当社リフォームギャラリーに、その効果を体感できる実験装置をご用意しています。ご納得いただいてからでしか、工事は行いません。

こんな人は気をつけてください。
「とにかく安く・・・」価格優先の人
→塗装工事の価格のうち、大きなウエイトを占めるのは「人件費」です。建物全部の作業を、職人が手作業で行うのですから当然かもしれません。正当な費用を削られた職人が必要以上に急いで作業するケースもあると聞きます。見えない部分で、あってはならない手抜きをされている現場もあるようです。「安くできた」つもりでも、結果として好ましい状態とは言えません。

ザ・リフォーム ヤマダでは、低価格をウリにした工事を行いません。じっくりご提案・しっかり工事・安心アフターフォローの3つを大切に、お客様のお住まいを素敵に塗り替えさせていただきたいと考えています。

リフォームの事ならお気軽にご相談ください。

お見積りフォーム お問い合わせフォーム

会社案内

社長あいさつ

ヤマダのこだわり

テレビ・雑誌・新聞で紹介されました。

50・60代からのリフォーム

中古住宅という選択

無料お見積フォーム

簡単お問合せフォーム

Keep on T.R.Y

ブログ

窓すま

サクセス

CM